もう我慢しなくていいんですよ
あきらめないでご相談ください

自律神経とは?

脳・脊髄から枝分かれし全身に広がる神経

自律神経を理解するには、神経全般について知っていただく必要があります。神経には、中枢神経と末梢神経があります。中枢神経は脳や脊髄に通っており、全神経の司令塔としての役割をになっています。

末梢神経は、脳と脊髄から枝分かれして全身に広がっています。末梢神経には運動神経(自分の意志でコントロールできる)、感覚神経、自律神経の3種類があります。

自律神経には緊張時に働く交感神経(心身を緊張、興奮させる)と、リラックスしている時に働く副交感神経があり、この2つの神経がバランスよく機能することで、私たちは日中に活動的になったり、夜が来るとスムーズに眠ることができます。
また内臓機能や血管の収縮・拡張機能、尿道括約筋(にょうどうかつやくきん)や膀胱直腸機能を司ることも、自律神経の重要な役割のひとつです。

自律神経が乱れると・・

交感神経と副交感神経のメリハリがなくなってきます。
例えば)
・暑いときに汗をかけない
・寒いときに体が温まらない
など体温や血圧の調節が不安定になる。

また最近多いのが、常に交感神経が高ぶって緊張状態が続き、副交感神経がしっかりと働かない為、休息モードに切り替えられないので寝つきが悪いパターンです。この状態が続くと血流自体が悪くなり、高血圧、肩こり、便秘、頭痛などの全身不調につながります。

自律神経失調症とは? Dysautonomia

日常の不規則な生活習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調のことです。

病院で検査をしても、内臓や器官の病変によるものではないので、「異常ありません」と診断されてしまうことも・・
自律神経失調症』(Dysautonomia)の症状としては、精神的に落ち込んだり、体の一部が痛くなったり、具合が悪くなったり・・と人それぞれで、いくつか重なって症状があらわれたり、症状が出たり消えたりする場合もあります。

なぜなら自律神経系の様々な自覚症状の為、症状のあらわれ方が非常に不安定な為です。
また、遺伝による体質や、性格、ストレスの感じ方により症状の出方も様々であると言われ、治療は心身両面から柔軟に行うことが必要となってきます。

正式な病名ではない為、自覚症状があるのに病院で検査をしても異常がみつからないときなどに、自律神経失調症と診断されることが多く、別の病名がつくはずのものも安易に自律神経失調症と診断されるケースも少なからずあるようです。

以下のような病気は自律神経失調症の一種もしくは仲間ともいえます。

自律神経失調症と関係性の深い病気
口腔外科顎関節症・舌痛症・口内異常感症
呼吸器系気管支ぜんそく・過呼吸症候群
循環器系起立失調症候群・起立性調節障害・心臓神経症・不整脈
耳鼻科咽喉頭異常感症・めまい・メニエール病・乗り物酔い
神経系偏頭痛・緊張性頭痛
消化器系神経性下痢・過敏性大腸症候群・神経症嘔吐症・反復性臍疝痛・胆道ジスキネジー
皮膚科発汗異常・円形脱毛症・慢性じんましん
婦人科更年期障害
泌尿器系夜尿症・心因性排尿障害・膀胱神経症

自律神経失調症の原因は

症状が一人一人違うように、原因もまた一人一人違います。
自律神経のバランスが乱れるのには、いろいろな以下の表のような原因が複雑にからみあっていると言われています。

不安症色々なことを不安に考えてしまう・自分が犯してしまった大きなミス・将来に対する不安・仕事環境への不安・家庭内の不安
生活のリズムの乱れ夜更かし・夜型の生活・不規則な生活習慣・自然な人体のリズムを無視したライフスタイル
過度なストレス社会的ストレス・人間関係・精神的ストレス・生活環境の変化・職場環境の変化
ストレスに弱い体質下痢しやすい・自家中毒・環境がかわると眠れない・子供の頃からすぐ吐く・生まれつき自律神経が過敏・思春期・更年期・身体が弱っているとき
ストレスに弱い性格感情処理が下手・Noと言えない・気持ちの切り替えができない・他人の評価を気にしすぎる・他人と信頼関係を結ぶのが苦手・依存心が強い
女性ホルモンの影響女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化しつづけ、この変化が自律神経の働きに影響を与えます。
骨格のバランス骨格が歪むと神経伝達の流れが悪い状態になります。

自律神経失調症になると・・・

 

主な不調や症状について、頭痛・耳鳴り・疲れ目・動悸・息切れ・手足のしびれや痛み・胃の不快感や吐き気・下痢・便秘・肩こり・筋肉の痛み・生理不順・早漏・射精不能・・
などの症状が、単独あるいは複数重なって現われるのが、自律神経失調症なのです。

全身症状としては、めまい・微熱が続く・倦怠感・疲れやすい・ふらふらして力が入らない・全身のほてり・食欲がない・睡眠障害・朝起きるのがつらい、などがみられます。
また、精神症状として、イライラする・怒りっぽくなる・不安感や恐怖心におそわれる・記憶力や集中力の低下・やる気が出ない・すぐに悲しくなって落ち込む、などがあります。

 

 

品川区で医師推薦の整体院|武蔵小山徒歩3分

腰痛や手足のしびれはもちろん、坐骨神経痛、顎関節症、首痛、五十肩、膝痛、足底筋膜炎などの慢性の症状も得意としてます。 二度と戻らない体調維持の仕方や健康的な生活習慣に至るまで、身体に関することでしたら、なんでもご相談ください。
ハートリィ整体院は「速効療法」というちょっと特殊な方法です。 ボキボキ、バキバキする整体ではなく、丁寧にミリ単位で骨格を整えることで痛みやしびれ改善が期待できます。 全て手技による調整法で体幹を整え、捻じれ歪みを調整します。 骨格、筋肉、神経、筋らを短時間でバランスを整える手法です。 この日本古来の整体法と万物エネルギーを用い、軽い刺激で身体が変化する、痛みのない安心な整体です。

もし、あなたが『あきらめるしかないのかな・・・』と、思っていらっしゃいましたら、ぜひ1度、ハートリィ整体院の施術を受けてみてください。 痛みやしびれを改善するだけではなく、『あきらめかけたコトができるようになる』『もう一度、あの夢に挑戦できるようになる』整体院です。

【身体の痛みや悩みをなくして、毎日を楽しく快適に暮らしたい】と思うあなたなら、きっとよくなり、喜んでいただけるはずです。 あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

 

品川区武蔵小山にある一番通り商店街はこちら

武蔵小山で腰痛でお困りなら

症状別

>医師の方からも推薦を頂いております

医師の方からも推薦を頂いております

施術を通してトップアスリートの活躍もサポートしている先生です。
千葉県柏市にある辻仲病院柏の葉・漢方未病治療センターで医師をしている喜多敏明と申します。 私は、漢方一筋30年の経験で得た極意を、治療家の先生方に伝授するスクールをハートリィ整体院の狩野先生と共に開校しています。
「病院に行っても異常が見つからず、『今できる治療は薬の処方だけです』と言い切られ、独りで痛みと闘っている患者様を一人でも多く救いたい!」 そう言って、品川区で腰痛専門整体院を開院されている狩野先生とご縁ができたのは、とある塾での出会いでした。 たまたまその日は私の誕生日。志を共にする同士として大いに盛り上がったことを鮮明に覚えています。 病気や痛みで苦しみながら、辛い状況にある多くの患者様をいち早く良い状態に回復させ、充実した豊かな人生を構築してもらいたいと意気投合し・・・ 狩野先生と共にスクールを立ち上げました。

 そんな狩野先生のハートリィ整体院では、脊柱管狭窄症や脊椎すべり症、西洋医学では治らないと云われている脊椎分離症をいとも簡単に施術しておられ、私の患者様を何人も紹介させていただきました。
 施術を通して、プロ野球選手、Jリーガー、甲子園出場選手など多くのトップアスリートの活躍をサポートすることで、スポーツ界にも多大な貢献をされています。

  ハートリィ整体院では、「新しい独自の内臓調整」と「心を込めて優しく触れる整体」で腰椎を整え、劇的に痛みを無くし、やりたいことを諦めずに続けていくことができるようになる、素晴しく効果的な速効整体を用いておられます。 痛みや痺れのように辛い症状を改善したい方はもちろんですが、これを機にやりたいことがやれる人生を構築したい方にこそ、私が信頼する狩野先生とご縁を結び、幸せになっていただきたいと願っています。

CTR IMG