ごあいさつ

院長プロフィール

Who is 狩野裕?

こんにちは、品川区の整体院 ハートリィ整体院院長の狩野裕(かのゆたか)です。 インタビュー形式で自己紹介させていただきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

Q.初めに経歴を教えてください。

はい。昭和46年に、横浜市港北区に生まれました。 白幡小学校、神奈川中学校、麻布大学付属淵野辺高等学校を卒業しました。

Q.どのような少年時代をお過ごしでしたか?

学業の成績は特に良い方ではありませんでした。 (;^_^ 外で遊ぶことが大好きで、体育の成績だけはいつも優秀でした。(^o^;) スポーツは、野球、サッカー、水泳と球技から個人スポーツまで幅広く経験しました。 中でも野球はチームのキャプテンを務めたりと7年間続け 中学では皆勤賞をいただくほどの野球漬け 「おまえは、野球だけをしに学校に来ているな」と先生から...(笑)

Q.施術家になろうと思ったきっかけを教えてください。

子供のころはプロ野球選手になりたかったんですが、身体が小さく早々にあきらめました。(^_^;) 高校を卒業し車が好きで、トヨタ販売店に就職しました。 18年間の営業経験の中で、長年お世話になっているお客様が次々に体調を崩され「車は直せても身体を治すことができず」歯がゆい気持ちで過ごしていたとき 自分も腰痛など体調を崩しいろいろな事を試した結果、整体で改善し、ふと、医者にはなれなくても施術家にはなれる! と開眼しこの道を志しました。 申し遅れましたが、実は何を隠そう、この私もまったく同じ悩みを持っていたのです。 20年前の若かりし頃、長野オリンピックを目指し(笑)毎週のようにスノーボードへ出かけ上達するたびに派手なトリック(技)を習得し無鉄砲に遊びまわっていましたが、ある時調子に乗って大ジャンプ、その後はお察しの通り着地失敗、腰を強打それからというもの 「痛み、シビレがぁ...」 病院では「椎間板ヘルニアですね、痛みのひどいときは安静にしていてください、それから、もっと筋肉をつけましょうね!」こんなやり取りが。 症状は、慢性腰痛に左足の足先までのシビレ、日常生活では 目覚めた時から痛い 顔や歯を洗う中腰ができない 車の運転でも痛む 左足痺れ麻痺のおかげで感覚がない 好きなサーフィン・サッカーができない 仕事が辛い 病院や接骨院に行っても治らない 等々、こんな状況が数か月続き、やっと出会った整体師の先生の施術で痺れが消え痛みも治まり回復しました。 しかし、その後のサラリーマン(営業職)時代には、出世の度に強烈なストレスからまた 胃腸炎⇒腰痛再発。 食事もままならない時が続きました。 その時に、人生の大きな決断をし、体調は回復していきました。 その大きな決断は、こんなくだらないことで、身体を壊して人生を棒に振るぐらいなら、いっそのこと脱サラして治す側になって、同じ悩みを抱えている人の役に立った方が何倍も今後の人生が楽しくなるんじゃないか?と考え、気が付けば行動を起こしていました。 会社に辞表を提出する前に、整体学校入学。 昼夜休日問わず勉強勉強実技実技仕事。 こんな日々を繰り返し決断からわずか2年のスピードで会社を退職⇒ハートリィ整体院開業を実現! ここからも苦難はありました。 治せる腰痛もあれば治せない腰痛も、まだまだ勉強が足りず、あれ以来7年間セミナー、研修、学会での勉強を繰り返し、今現在、最高の技術に出会い、ようやく効果を得られるようになりました。 今後も、勉強は永遠に続きますが、いつでもお客様にとって最善の技術を提供することを誓います。 ですから私と共に腰痛を改善し、あなたの夢を叶えてみませんか? 心と身体のパートナーとして是非ご協力させてください。
ハートリィ整体院 院長 狩野裕

Q.開業されるまでの道のりは?

会社勤めの合間に整体師としての資格が取れる(フィットバランス療術学院)東京本校に通い、資格を取得。 その後約1年間、整体院に務め、2008年10月品川区武蔵小山の地に「ハートリィ整体院」を開業いたしました。

Q.開業5年になりますが、今後の目標は?

まずは、この品川区武蔵小山の地から 「腰痛で悩む女性を無くしたい」というのが、当院の目標です。 長い間、腰痛でお悩みの方は 「良くならない」とあきらめている方がとても多いんです。 そんな方に「腰痛ってよくなるのよね」と思っていただき、快適な日常を送るお手伝いができれば、と思っています。

資格取得

【2007年8月】 フィットバランス療術学院 卒業 【2007年8月】 整体療術師 美手【ヴィッシュ】セラピストA 取得 【2008年8月】 整体療術師 美手【ヴィッシュ】セラピストAA(ツーエー)取得

お問い合わせについて


ページトップに戻る